どーん!と大きく白い観音様

裕ちゃんのお墓

昭和の大スター石原裕次郎が永眠しているお墓は横浜市鶴見区にある總持寺です。裕ちゃんのお墓参りに行きたいと思われる方は是非總持寺へ足を運んでみましょう。裕ちゃんの墓と案内板も出ているので迷わずにお参りすることができます。ファンの方々がよく訪れるようでお墓にはお花やお酒がお供えされています。

總持寺

總持寺(そうじじ)は曹洞宗の大本山ですが、境内にある鶴見大学も運営しています。永平寺派の「有道会」と並ぶ「總和会」(總持寺派)の中心寺でもあります。本尊は釈迦如来です。

現在の石川県輪島市(昔:能登国櫛比庄)の真言律宗の教院「諸嶽観音堂」が、「總持寺」の前身になっています。能登の「総持寺」は、1911年(明治44年)の寺基移転にともなって「總持寺祖院」と改称されています。1321年(元亨元年)に 曹洞宗4世の瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)は、「諸嶽観音堂」(※總持寺の正式名は「諸嶽山總持寺」)への入院(仏教用語で住職となるために寺に入ること)を住職の定賢から請われます。同年の1321年に定賢より「諸嶽観音堂」を寄進されて、寺号を「總持寺」山号は「諸嶽観音堂」にちなんで「諸嶽山」と改名して禅院としました。

1322年(元亨2年)
後醍醐天皇より「曹洞賜紫出世第一の道場」の綸旨を受けて官寺、大本山となって曹洞宗を公称しました。住職を5つの塔頭(普蔵院、妙高庵、洞川庵、伝法庵、如意庵)からの輪番制となりました。
1615年(元和元年)
徳川幕府より法度が出されて永平寺と並んで大本山となり、栴崖奕堂(能登総持寺独住の第一代)以降は独住制となりました。
1898年(明治31年)
火災で焼失して、1911年(明治44年) 現在地の神奈川県横浜市鶴見区鶴見2丁目に移転しています。現在、旧地に總持寺祖院(石川県輪島市門前町)があります。

總持寺の敷地面積は約50万m²と広大な敷地面積になっているので、横浜市鶴見区の広域避難場所の1つに指定されています。境内には仏殿、大祖堂をはじめとした多くの堂の建物があるほかに、鶴見大学といった学校施設もあります。本尊釈迦如来像を安置する仏殿よりも、道元、瑩山紹瑾などの歴代の祖師を祀る大祖堂の方が規模が大きいのが特色になっています。

總持寺は、1911年(明治44年)に石川県から神奈川県に移転してきた寺院なので、堂の建物の大部分は近代になって建立されていますが、他所から總持寺へ移築された建物のうちには、近世末期のものも若干あります。大祖堂、三門などは太平洋戦争後に建立された鉄筋コンクリート造になっていますが、仏殿をはじめとする主要建物の多くは20世紀前半(大正時代~昭和時代前期)の本格的な木造建築になっています。2005年(平成17年)に仏殿など16件の建造物が登録有形文化財に登録されています。

見仏しま専科

總持寺:重要文化財

紙本著色提婆達多像…
朝鮮:高麗時代の物。釈迦の従兄弟とされる提婆達多像として伝来しています。
絹本著色前田利家夫人像…
江戸時代のもの。前田利家の正室まつ画像です。
絹本著色紹瑾和尚像…
鎌倉時代の1319年(元応元年)のもの。總持寺開山、瑩山紹瑾の画像です。
刺繍獅子吼文大法被…
江戸時代。仏像や寺院の内外を装飾するために用いる荘厳具で、法具としても大変貴重なもの。
観音堂縁起 紹瑾筆…
鎌倉時代、1321年(元亨元年)のもの。瑩山禅師の真筆と伝えられていいます。

總持寺:有形文化財

三松関(総門)
…1920年(大正9年)総欅造の1間高麗門。
向唐門
…1925年(大正14年)後に唐破風を付けた精緻なつくりの四脚門。
香積台
…1920年(大正9年)切妻造、妻入りの大規模な二階建て。
大僧堂
…1937年(昭和12年)内部には坐禅用の畳敷の床を設けて、中央2本の独立円柱状に独特な挿肘木を組んでいます。
百間廊下及び門
…1915年頃(大正4年頃)長大な廊下に三つの門を設けた形式です。
仏殿
…1915年(大正4年)棟梁は伊藤平左衛門。伽藍中心部に南面して建っていて、方三間一重もこし付の形式、屋根は入母屋造、本瓦葺。全体に創意工夫を凝らてし、内外とも荘厳な構成になっています。
待鳳館
…1915年(大正4年)1957年(昭和32年)に主体部が尾張徳川家旧書院を移築されました。
紫雲台
…1915年(大正4年)入母屋造、軒唐破風付の向拝をもつ壮大な構成です。
御霊殿
…1937年(昭和12年)拝殿・幣殿・奥殿が連続した独自な権現造風切妻造で、妻入りの大規模な二階建てです。
虎嘯窟
…1854年~1860年(安政年間)後堂寮です。丁寧な書院造になっいます。1911年(明治44年)に移築されました。
放光堂
…1854年~1860年(安政年間)雄大な規模を持っています。桁行30m。1911年(明治44年)に移築されました。
鐘鼓楼
…1915年(大正4年)古風な楼造になっています。
衆寮
…1915年(大正4年)簡明な住宅建築の形式になっています。
放光観音(ひかりかんのん)台座
…1923年(大正13年)設計は伊東忠太で花崗岩製台座です。
鐘楼
…1915年(大正4年)卓越した造形感覚の吹放し鐘楼です。
三宝殿
…1937年(昭和12年)独特な構成になる社殿建築です。

總持寺に墓所がある著名人

浅野総一郎(1948年4月13日~1930年11月9日)
…浅野セメントの基礎を築き、一代で浅野財閥を築いた人物。1920年に浅野学園を設立。
芦田均(1987年11月15日から1959年6月20日)
…第47代内閣総理大臣のほか、第14代厚生大臣、第76・77代外務大臣、副総理を歴任。
石原裕次郎(1934年12月28日から1987年7月17日)
…石原軍団総帥、石原プロモーション元代表取締役社長兼会長。 
伊東忠太(1867年11月21日から1954年4月7日)
…明治~昭和期の建築家であり建築史家。築地本願寺や震災祈念堂など代表作。文化勲章受賞。
大西瀧治郎(1891年6月2日~1945年8月16日)
…海軍兵学校第40期生。最終階級は海軍中将、神風特別攻撃隊の創設者。
大錦卯一郎(1891年11月25日~1941年5月13日)
…元大相撲力士で近代相撲の先駆者。第26代横綱、所属部屋は出羽海部屋。
小川年安 (1911年1月1日~1944年?不明)
…1944年に中国で戦死したとされているが正確な没日没地などの詳細は不明。大阪タイガース創立時の3番打者で正捕手。
清浦奎吾(1850年2月14日~1942年11月5日)
…爵位は伯爵、第23代内閣総理大臣のほか、貴族院議員、司法大臣、農商務大臣、内務大臣、枢密顧問官、枢密院副議長、枢密院議長を歴任。
隈本有尚(1860年7月24日~1943年11月26日)
…福岡県立中学修猷館初代館長、長崎高等商業学校初代校長、朝鮮総督府中学校初代校長、日本の教育者で教え子に夏目漱石など。
栗野慎一郎(1851年11月29日~1937年11月15日)
…初代駐フランス特命全権大使。、明治・大正期の日本の外交官。
近野信雄(1899年7月23日~1944年3月13日)
…海軍兵学校48期卒業。最終階級は海軍少将。太平洋戦争中に護送船団を指揮しているが戦死。
黛敏郎(1929年2月20日~1997年4月10日)
…戦後のクラシック音楽、現代音楽界を代表する音楽家の一人で作曲家。
マイブームよ、どこだ